スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ★突然 お外のこを保護したら・・・
2013年02月01日 (金) | 編集 |
突然保護するにはいろんな理由があります

何らかの理由で遺棄された子

●健康状態の良くない弱っている子

●母猫から迷子になった仔猫、または仔離れされた仔猫・・・


怪我や迷子、病気になって助けを求めている子など

【用意するもの】
①ネット
②キャリー
(手元にすぐにない場合は、おとなしければダンボール)
③ごはん(キャットフード)
④タオル

※とてもシャイな子、またはこわがりな子以外のさわれる子達は、
まずはネットを使って、ネットの中に安全に入れましょう。


ネットに入れた子を速やかにキャリーの中に入れて、
安心させましょう。

タオルがあれば、キャリーの中のネットの上にかけるか、
キャリーの上にかけて外が見えないようにしましょう。

◎キャリーのカギがしっかり閉まっているか確認しましょう。

出来るようであれば、当日中に獣医さんで診てもらいましょう。

◎先住猫がいる場合、保護猫を先住猫から、必ず隔離すること。
(ノミ処理が終わってなかったり、
治療が出来ていない病気がうつるといけないため)

病院から帰ってきたら、
安心して眠れるような静かな場所にケージを用意しましょう。

ケージの中には、トイレ、にゃんこが隠れれるスペースの箱、
ご飯、お水を入れましょう。

ケージには、外が見えないようシーツのような
大きな布をかぶせましょう。

冬場は、ケージは寒いので、
毛布のような暖かいものをかけましょう。

※保護してしばらくの間はそっとしてあげましょう。

あなたに助けを求めている子に出会ったら、
迷わず愛の手をさしのべて、保護してあげて下さい










 ★にゃんこたちのシーズン 
2013年01月31日 (木) | 編集 |
にゃんこのシーズンは、むかしは、年に2回
春と秋 と言われていました。
シーズンになりますと いつもと違うなき方の声が
あちこちで 聞こえてきます。

ここ数年は、年中 シーズンの声が聞こえます。

にゃんこたちは、シーズンから2か月という速さで
仔猫を出産いたします。

年中シーズンがあるということは、年中仔猫が産まれています。

一回に3~6匹ぐらいは仔猫を産みます。

年に3~4回出産する母猫もいます。

産まれたすべての子たちが必ずしも育つわけではありませんが、
確実に仔猫・飼い主のいない猫たちは増えていきます。

飼い主のいない不幸なにゃんこさんたちを
少しでもすくなくしていくには、
避妊・去勢手術をしていくことはとても効果的です。

にゃんこたちの体調を心がけながら
少しでも過酷な生活をしていくにゃんこさんが
少なくなっていきますように・・・

みんなで協力し、あらためていきたい大切な問題です。


 ★殺処分 ゼロ!!をめざして・・・
2013年01月30日 (水) | 編集 |
愛知県の犬・猫の殺処分数は全国ワースト上位です。

この数年はずっと1位をキープしていました。

ここ最近は1~3位です。

毎年たくさんの子たちが尊い命をたたれています。

心ない人間の身勝手な理由のために・・・
本当に悲しいことです。

理由
・仔猫が大きくなってしまったから・・・
・言うことを聞かないから・・・
・新しいお家に引っ越しするから・・・
・飼えなくなったから・・・
ets・・・
とセンターに持ち込まれます。

猫の殺処分はかなりの割合で仔猫たちです。


最近引き取りの場所が愛護センター一括になりました。
引き取りが有料になりました。

データーでは、昨年の引き取り数はかなり減っていました。
これはうれしいことです。

でも・・・
そのうらでは、この数年 いたるところでの遺棄が
増えています。
見るからに飼い猫たちが、仔猫・成猫をとわず、
遺棄されています。

この現状をつくったのも人間であり、
本来の姿にかえるのも人間たちの力が
すべての鍵をにぎっているのでは・・・

みんなの願いは殺処分ゼロをめざして・・・


 ★はじめまして! プレマです
2013年01月29日 (火) | 編集 |
はじめまして! プレマです

世界のにゃんこの幸せのためにやってきました。

プレマは、にゃんこにかかわるいろいろなことを、

みんなと一緒に考えていきたいと思います。

どのにゃんこ達にもたくさんの奇跡とドラマがあります。

すべてのにゃんこ達が幸せになりますように・・・

http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/a_01.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。