スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ★大切な ワクチン接種
2013年02月05日 (火) | 編集 |

 保護いたしました猫たちは、月齢をすぎましたら、
必ず
3種混合ワクチンを接種いたします。

初回は、1回うったあとに1か月後に
2回目を接種いたします。


地域猫などで、1回目のワクチンを接種したあとに
リリースする子は、1回だけの子もいます。

3種混合ワクチンを接種していれば、
命にかかわるようなことにはなりません。

3種・4種・5種・7種
とワクチンはありますが、たくさんになるほど、
猫たちへのリスクもふえ
副作用も出やすくなります。

たいていは3種混合ワクチンが副作用も少なく
接種しやすいです。

ワクチンは命を守ります。
[READ MORE...]
スポンサーサイト
 ★突然 お外のこを保護したら・・・
2013年02月01日 (金) | 編集 |
突然保護するにはいろんな理由があります

何らかの理由で遺棄された子

●健康状態の良くない弱っている子

●母猫から迷子になった仔猫、または仔離れされた仔猫・・・


怪我や迷子、病気になって助けを求めている子など

【用意するもの】
①ネット
②キャリー
(手元にすぐにない場合は、おとなしければダンボール)
③ごはん(キャットフード)
④タオル

※とてもシャイな子、またはこわがりな子以外のさわれる子達は、
まずはネットを使って、ネットの中に安全に入れましょう。


ネットに入れた子を速やかにキャリーの中に入れて、
安心させましょう。

タオルがあれば、キャリーの中のネットの上にかけるか、
キャリーの上にかけて外が見えないようにしましょう。

◎キャリーのカギがしっかり閉まっているか確認しましょう。

出来るようであれば、当日中に獣医さんで診てもらいましょう。

◎先住猫がいる場合、保護猫を先住猫から、必ず隔離すること。
(ノミ処理が終わってなかったり、
治療が出来ていない病気がうつるといけないため)

病院から帰ってきたら、
安心して眠れるような静かな場所にケージを用意しましょう。

ケージの中には、トイレ、にゃんこが隠れれるスペースの箱、
ご飯、お水を入れましょう。

ケージには、外が見えないようシーツのような
大きな布をかぶせましょう。

冬場は、ケージは寒いので、
毛布のような暖かいものをかけましょう。

※保護してしばらくの間はそっとしてあげましょう。

あなたに助けを求めている子に出会ったら、
迷わず愛の手をさしのべて、保護してあげて下さい











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。